FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6年生 西脇交流試合

今日も朝から少し温かい中でしたが、6年生の西脇交流試合のために、有田監督、草別コーチ、コーチが同行して、西脇市あかねケ丘グランドまで行ってきました!

この交流試合は、西脇サッカー協会が再来週に行われる読売新聞社杯のための調整試合と位置づけて開催されました。そのために、ピッチサイズは大人用と同じフルピッチで大人用ゴール使用と、6年生、特に応援で参加してくれる5年生にとっては、すごく体力的にしんどいものとなってくると予想できました!

でも、当然相手も同じ条件ですので、その中で、今自分たちの出来るパフォーマンスの最大限を出してくれる事を期待していました!

ピッチが広いということは、ボールを運ぶ場合、長いパスを出せる選手や足の速い選手がいると戦術的には、早くボールを相手ゴールまで運ぶことが可能な戦術が取れますが、体力的に群を抜いた選手のいないうちのようなチームの場合、普段練習で行なっているポゼッション重視の「ボールと人がしっかりと動くサッカー」の実践が必要となってきます!

そのことを有田監督からしっかりと支持されたあと、今日は初めて試す3-5-2のスイーパーを置いたシステムで試合に挑みました!

広いピッチを十分に使おうとする意識は全員にあったと思うのですが、当然、相手が存在しているわけで、ボールを受ける時の体の向きにも問題があるうえに、ボールが来た時に相手のプレッシャーで、コントロールミスを起こしたり、パスミスを起こしたりする場面が多く見られました!

ドリブルなどで自分でボールを運ぶ場合も、同じように相手のプレッシャーなどでヘッドダウンしてしまって自滅したり、ワンタッチ・ツータッチでボールを捌けば何でもない場面も、タッチ数を重ねてしまって相手のプレッシャーを受けて自滅したり、味方に対して思いやりのないパスやただ蹴ってしまうプレーも多く見られました!

結局、ピッチが広くなった利点を活かせないサッカー、いつもの少年サイズでも起こっていたミスの連続で、ただサッカーをしているというような状態だったように思います!

ただ、2試合目で数10分の間ですが、ワンタッチ・ツータッチでボールと人がよく動いた時間帯がありました。ボールに関わっていたすべての人の体の向きがいい状態というわけではなかったのですが、自分のおへその向いている方向の味方にしっかりとパスを送り、次のスペースにしっかりと動けて、ショートパスが数本しっかりとつながっていました!

そういういい状態のイメージをしっかり覚えて、次のプレーにも生かしてほしいですね!

ポゼッションを考える上で非常に重要になってくるのが、「味方との距離感」「パスコースへの顔出し」「パス&ムーブ」になってくるのですが、その動きの判断のために最初に「観る」ことの重要性があります!その部分が八千代少年全体に欠けている部分かな。

大会まであと3回の練習があるので、修正できる点を修正していきましょう!




スポンサーサイト

テーマ : 少年サッカー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yachiyojrsc

Author:yachiyojrsc
兵庫県多可町八千代区で活動している少年サッカークラブです 元気いっぱいの小学生約80人が、毎週2回、八千代グランドで練習しています!
練習試合、大会等、お気軽にお声かけください♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
FC2カウンター
QRコード
携帯のカメラのバーコードリーダーで読み込んでください
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。